プロフィール

あいこ

Author:あいこ
インコのQ姫(8歳♀)
お転婆犬の鉄(7歳♀)
殿と呼ばれる旦那と、
あほな大学生(21歳♂)の
お世話係やっています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
Q姫お勧めだよー

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード

QRコード

BIRDLAND 小鳥と犬ブログ

嚢胞性卵巣疾患で闘うセキセイインコのQとパピヨンの鉄の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5回目の抜水(嚢胞性卵巣疾患)

前回10月11日の抜水からちょうど2週間後に診察予約を取ってありました。
以前は1週間ごとの診察を受けていましたが
父の看護の関係で今は2週間ごとの診察にしています。

かなりQの経過が理解でき2週間の期間を自宅で様子見するのも慣れては来たのですが
まさにその日にあわせるかのように、Qのお腹の水は増えていきます。

朝晩の体重測定で少しずつ臨界点に近づくのを感じ、気が重くなっていた私でした。

それは前回の先生のお話で「今後はかなり抜水が危険になっていくと思われる」ということを
聞いていたからなのです。

目に見えてわかることはQのお腹の大きさとパンパンに張って
今にもはちきれそうなピンポンだまのような「のう胞」。

それを見なければ、以前よりも色艶の良いQの様子に
この嚢胞性卵巣疾患の水さえ溜まらなければQは元気で暮らせるのに。。。
といつも思っても仕方の無いことばかりを考えてしまいます。

また診察日の前日の夜にQの丸いお腹の羽がぐしょぐしょに濡れていることに気づき
「まさかのう胞から体液が滲んできたのか!」と少し不安な思いに駆られました。
しかしこれは利尿剤によるおしっこの液体が肛門の位置の変化で
お腹の方へ垂れていただけであるということは診察でわかりました。

なんだか小さいことも色々と気になってしかたがありませんね。
もっと、大きく構えていなければと思いますが。。。。


なんだか、昨日はとても不安で病院に行く途中の神社にお参りもしました。
Qのお腹の中の真実を知るのが怖くて
診察も遅ければ遅い方がいいな、、、というとっても、ブルーな私でした。

1025-2.jpg

しかし昨日の病院は土曜日というといつも込んでいる待合室が嘘のように
待っている人もまばらでした。

早くに順番は回ってきて診察室に呼ばれました。
糞の検査も消化は良好。
肝臓も良し。
胸の肉付きも良い。

そしてエコー室に連れて行かれたQを思いながら
どういう結果が出ても動揺しないように心を落ち着けようと必死になる私。
意気地の無いやつです。まったく。

そしてQと共に帰ってきた先生のお顔が少し微笑んでいるように見えました。
やはりその微笑には訳があってエコーには前回映っていた奥ののう胞が今回は
現状維持をしていて大きさがあまり変わっていないという結果が写っていました。

思いもかけぬことに気持ちが少し軽くなりました。

もう数日はこのお腹でも持ちそうでしたが、やはり日曜日が入ってしまうため、
また父の通院日の付き添いや鉄の注射も翌週に控えていることも考えて
前面ののう胞を抜水してもらうことをお願いしました。

Qに「頑張ってね」と声をかけ、私はいつものように待合室の診察室に一番近い椅子で待ちます。

中からQのぎゃぎゃぎゃーという抵抗の声を聞きながら、「早く無事に終りますように」と祈ります。
もう5回目なのにいつまでたっても心が乱れてしまう情け無い飼い主です。

また今回は水を抜くのにかなり時間がかかり、不安がピークに達したとき
呼ばれて診察室のドアを開けました。
そこには透明な液体の入った注射器を持って
前髪をかきあげ汗を拭かれてる先生のお顔がありました。
「抜けましたよ!ちょうど前面を抜いた後に奥ののう胞が見えたので
奥も1個針を刺しました。」と、先生。

酸素室には水を2回抜いて少し怒っているQが元気に鳴いていました。

「ありがとうございます!ありがとうございます!」と何回も先生に言っている私。
なんだか感情が押さえられなかった。
1025-1.jpg

抜くのが無理かもしれない奥ののう胞の1個が抜けた。
まだ他にもたくさんのう胞は奥に潜んでいますが
その1個が抜けたこと、また内容物が透明な問題無い液体であったことで
今後の可能性への希望が感じられ、本当にうれしく
難しい処置を無事に行ってくださった先生に感謝しました。

前面ののう胞の水を抜いた後、針を替え、今抜いたのう胞の袋を突き通して
前に出てきた奥ののう胞に針を刺しての処置だったそうです。

両方で抜けた水は3.8ccでした。

自宅に帰ったときは40グラム。
翌朝は38.5グラムになっていました。

毎回、抜水の翌日は少し食欲も減って静かにしています。
今回は2度の針を刺しているので、その傷が早く癒える様に
部屋も高温にして免疫力を高めるようにしています。

また2週間後の診察までQと共に頑張ります!
1026-6.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。


スポンサーサイト

4回目の抜水

Qは10月11日にお腹がパンパンになってしまい4回目の抜水を行いました。
前回じいちゃんが入院した翌日の9月27日に抜水をしてから
まだ、2週間しかたっていませんでした。

11日は朝の体重が44と急激に増え、
午後から羽が両脇にだらりと下がり
尻尾が呼吸と一緒にピコピコと上下するようなっていました。

糞もかなり出にくいようでいきんだりもぞもぞしている様子で
少し息も荒い様子。
かなり水が溜まるスピードが早くなっていることがちょっと悲しくなりましたが
なんとかQを楽にしてあげるために先生に処置をお願いしました。

先生もQの様子を見て「息が辛そうだから抜きましょうね」と言ってくださり
Qを連れてエコー室に。
現像された写真を持ちながら先生は少し眉をひそめて戻ってこられました。
私も、かなり覚悟はもうできているので「厳しいのですね?」と
こちらから聞きました。

先生も「残念だけどかなり病気が進行して奥ののう胞が急激に増えて大きくなってる、
今回前面はまだ9ミリなのに息が荒くなったのは奥ののう胞が押しているからで
前面は少ししか水は溜まってないのです。
でも前面を抜いてあげることで息は一時的に楽になると思う」
と言われました。

待合室でQの抵抗の声を聞きながら待ち
呼ばれて再び診察室へ。

先生の顔が少し曇った感じがて、何かあったのかと不安になりました。
水が3cc抜け、またその水は問題の無い水であるとのことですが
抜いた後、いつもの抜水の後のようにお腹がへこまず、奥ののう胞がお腹を大きく見せていました。
先生が「これを見てください」とライトで透かして見せてくれたお腹の中は
のう胞の房が2重に重なって見えていました。
先生は「こういう風に重なっていて奥の大きいのう胞を抜くのはかなり危険。
出血を起こすことが考えられるので私もできればしたくない方法」と
言われました。

動揺しながら
3CC抜いた後のQを見ました。
Qは息が楽になって酸素室で元気に暴れていました。
まだこんなに元気なんだ。
まだまだ、頑張ってくれるよね、Qちゃん!と思いました。

いろんな思いが頭の中を交錯しましたが
気持ちを静めて
先生に
「しばらく前面の水を抜いていく方法を続けて
それが、もしも不可能になって息が詰りそうになったとき
最後の手段としてその方法を覚悟の上行っていただくようにします。」
とお願いしました。

まだまだ、希望を捨てずに奥ののう胞が表面に出てきてくれることを願いながら
頑張っていこうと思います。

taizyu.jpg
onaka1019.jpg
前面の部分のみ3CCを抜きました。

11日から1週間が経ちました。
もうすでに体重が増え始めていますので要注意ですが
ご飯もいっぱい食べて、良く動いています。
利尿剤の効果で少しでも水のたまるスピードが落ちますように!


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

Qの抜水を早める


お腹もすっきりしてご機嫌なQ姫です。



Qは本当は10月2日に抜水の予定でした。

ところがじいちゃんの心筋梗塞事件が起きてしまった次の日に
急にお腹の腫れが酷くなってしまいました。

ただ、体重が増えても元気さは変わらず、
のう胞の位置が胸を圧迫していないのか
呼吸の荒さは起きていませんでした。

しかし、この状態は、じっくり観察してあげて少しの変化でもあれば
病院に駆け込んで抜水する状態。
じいちゃんの病院にも行かなくてはならない私はとっても悩みました。

じいちゃん入院2日目は集中治療室で完全看護。
「Qの病院は今行くしかない。ここでQとじいちゃんが重なれば
大変なことになる」と思い、
急ぎ鳥の病院に電話して夜間診察に入れていただきました。

途中でじいちゃんの急変があった場合、私の携帯に電話が入ることになっていました。
鳥の病院に行き着くかなり前に電話があれば、Qを連れたままじいちゃんの病院へ。
鳥の病院についた後、電話があれば、先生にお願いして
Qをそのまま入院させてもらうと心に決めて出発しました。

幸い、じいちゃんの急変は無く、色んなものに感謝しました。

先生に事情を話し、もう少しQも頑張れそうでしたが
急変したときに駆け込めないことを避けるために
早めに抜水をしましょうと、施術を行っていただきました。

今回も5CCの透明な水が抜けました。
Qも、あまり抵抗せずにすんなりうまく抜けたようでした。

薬も2週間分、利尿剤の強いもの、普通程度のもの、を強いホルモン剤にあわせた2種類を
頂いてきました。
なんとか、じいちゃんの調子が完全になるまでQにも頑張ってほしいと思います。

私も気を抜かないで、Qの様子を病院から帰ってくる細切れの時間で観察して
対応して行こうと思います。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

自分メモ(今日は診察)

今日はQの診察日です。

なんとか利尿剤で急激な体重の増加を免れていますが
昨日から、あまりお水が出なくて、少し体重は増加気味です。

24日は朝が42.6グラム
     夜が44グラムでした。

朝の体重が44になってしまうと今までの経過から行くと
お腹の水を抜く時期となります。

前回は9月1日に抜水しましたので
なんとか1ヶ月という期間をあけたいものです。
頻繁にお腹に針を刺していると腹膜炎を起こすことが考えられるそうです。

あと1週間持たせられるかなあ。。。
ちょっと自信が無いですけど、なんとか頑張らないとね。

ただ、お腹だけど見るとかなり球状に張っていて
これは平気なのか?と不安になります。
例えば体重は増えていなくて、お腹の張りが強まり、
ただ、呼吸は荒くなく、元気もある、、、、
そういう時はどうするか?

あと、利尿剤が少し効きが落ちてきた気がする。
濃度を高めて危険はないかどうか?
また、先生に相談してきます。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

自分メモ(嚢胞性卵巣疾患の進行)

自分の為のメモ。

前回の診察時にエコーの変化にうろたえ動揺して
先生の話の意味が理解できなかった。

そして、強い利尿剤とホルモン剤に薬を切り替えたQが
やはり少し水が出すぎて辛そうに思ったため、
中程度の利尿剤に強いホルモン剤を処方してもらうため
再度、Qを自宅に置いて先生のお話を聞きに行った。

私はもう、針で抜くのが限界なので
今後の方針を家族で決めてくださいと、先生に言われたのかと
勘違いしてたらしい。

まだまだのう胞の水は抜けるし
ホルモン剤が効くことも期待できる。
ただ、病気は進行しているので
今後、手術しない方針のまま行くと
最後は辛いことになる。
それを理解したうえで
なんとかQを楽に苦しくないように。
でもできることは何でもしていくという方向で
決めましょうということだった。

今後、まだのう胞はどうなるかわからないけど
そのとき、そのときにできることを
考えてやっていく。

そして癌ができてしまった場合は
どのように症状が変化していくかも聞いた。

Qを連れてQの前では話せないようなことで
先生も本鳥の前では話すのを嫌がられる。
だから一人でお話を聞き
悪いこと、よいこと、今の気持ちなども話せて
頭の中がすっきりした。

今後辛い状態がやってくるのは必至だけど
希望を捨てないで、Qのために頑張っていくつもり。

今日の自分メモ終わり。

(病院帰りにメールで聞いてくれた友。ありがとう)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。
HOMENEXT →
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。