プロフィール

あいこ

Author:あいこ
インコのQ姫(8歳♀)
お転婆犬の鉄(7歳♀)
殿と呼ばれる旦那と、
あほな大学生(21歳♂)の
お世話係やっています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事
最近のコメント
Q姫お勧めだよー

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード

QRコード

BIRDLAND 小鳥と犬ブログ

嚢胞性卵巣疾患で闘うセキセイインコのQとパピヨンの鉄の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Qの抜水を早める


お腹もすっきりしてご機嫌なQ姫です。



Qは本当は10月2日に抜水の予定でした。

ところがじいちゃんの心筋梗塞事件が起きてしまった次の日に
急にお腹の腫れが酷くなってしまいました。

ただ、体重が増えても元気さは変わらず、
のう胞の位置が胸を圧迫していないのか
呼吸の荒さは起きていませんでした。

しかし、この状態は、じっくり観察してあげて少しの変化でもあれば
病院に駆け込んで抜水する状態。
じいちゃんの病院にも行かなくてはならない私はとっても悩みました。

じいちゃん入院2日目は集中治療室で完全看護。
「Qの病院は今行くしかない。ここでQとじいちゃんが重なれば
大変なことになる」と思い、
急ぎ鳥の病院に電話して夜間診察に入れていただきました。

途中でじいちゃんの急変があった場合、私の携帯に電話が入ることになっていました。
鳥の病院に行き着くかなり前に電話があれば、Qを連れたままじいちゃんの病院へ。
鳥の病院についた後、電話があれば、先生にお願いして
Qをそのまま入院させてもらうと心に決めて出発しました。

幸い、じいちゃんの急変は無く、色んなものに感謝しました。

先生に事情を話し、もう少しQも頑張れそうでしたが
急変したときに駆け込めないことを避けるために
早めに抜水をしましょうと、施術を行っていただきました。

今回も5CCの透明な水が抜けました。
Qも、あまり抵抗せずにすんなりうまく抜けたようでした。

薬も2週間分、利尿剤の強いもの、普通程度のもの、を強いホルモン剤にあわせた2種類を
頂いてきました。
なんとか、じいちゃんの調子が完全になるまでQにも頑張ってほしいと思います。

私も気を抜かないで、Qの様子を病院から帰ってくる細切れの時間で観察して
対応して行こうと思います。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

コメント

from ふぅ
Qちゃんの元気にほんと救われます。
ツヤツヤな羽並みがまたキレイね♡

抜水早まってしまったけど、透明な水でよかったです。
水を抜く施術にも少し慣れてきたのかな、、

あいこさんも気の抜けない状態が続きますね、
休める時間もつくって休んでくださいね、

ふぅさんへ

from あいこ
Qの事も心配だし、じいちゃんも心配だし。。。
本当にこういうことって重なると困りますね。
これで鉄のいつもの下痢ってやつが起きたら
もう目も当てられませんよ。
自分が3人は欲しいです。
Qは本当に目を離したくないんですよね・・・・

でもなんとか、いろいろとうまく運んでよかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://qpaiko.blog25.fc2.com/tb.php/109-ef058b99

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。